gdgdと日記書いてます。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2018年05月06日 (日) | 編集 |
GWという大型連休で記事を書く時間が出来ましたので、
正式にここでご報告させていただきたいと思います。
さて、どこから書き始めればいいのかな・・・って感じなんですけど。
まぁ奥さんとの出会いぐらいから書き始めましょうかね。
(果たしてどこまで詳細に書いていいのやら・・・後で怒られそう)


まず、奥さんと出会ったのが、自分が高校の時。
(多分1年生ぐらいだったかな?)
なので、交際期間7年です。
(実はこの記事の投稿日が付き合った記念日です)

奥さんと出会ったのは、なんと「Twitter」でした!!!

今でこそSNSが発達し、SNSで交際に発展するっていうのも増えてきていますが、
当時からすれば珍しい出会い方だったと思います。
(念のために言っておきますが、最初から出会い目的でTwitterをやっていたわけではないです)


最初はただの相互フォロワーさんでした。(多分デュラ好きキッカケ?で相互フォローに)
で、そこであることがキッカケ(高校二年生ぐらいのとき)でよく話すようになりました。
(キッカケの詳細については、別の方も巻き込んでしまいかねないので、
省かせていただきます。)


そこからいろいろと話していくうちに、奥さんのことが好きになっていきました。
数ヶ月したある日、告白をしようと決心し、Skypeで告白しました。
(ずっと言い出せずに10分以上渋っていた自分がいた記憶があります。お恥ずかしい。)


そして、ようやく言い出せたものの、そんな簡単に付き合うっていうことになるわけでもなく。
でも、どうしても付き合いたかった。
そんな中自分が出した提案が
「試しにちょっとだけ付き合ってみない?嫌だったら振ってもらっていいから」
(超絶女々しいクソダサい)


そこで何故か渋々承諾してくれた(?)ので、交際がスタート。
(この時のことを聞くと、「別に嫌いではなかったし、いいかな」って感じだったみたい)


ちなみに、この告白の段階で私は奥さんの顔を知りませんでした。
これを知り合いとかにいうと、「正気か?」とか
「それでよく告白したね」とよく言われました。

自分は、一目惚れして好きになるっていうのよりも、
人として尊敬できるところとか惹かれる所があったら好きになることが多かったので
その辺のことは何も考えていませんでした。ただ純粋に奥さんが大好きでした。
(まぁそりゃ顔の好みとかはありますけどね)


そしてしばらくして初デート。
こっちの地元で映画に見に行ったのを覚えてます。
(高校時代はバイトしていなかったので、わざわざ来てくれました)


デートなんてしたことのなかった自分は、オシャレなんて何もわからず
とりあえず普段着ている服と髪型でデートに行った記憶があります。
(多分しまむらとかそのへんの服でした)


いざ、奥さんと対面。
その時の感想。

(「うわ、めっちゃかわいい・・・。服装とかもオシャレだし、なんか俺全然相応しくないな」)


奥さんは、自分と同じようなオタクっぽい感じは全く無く、完全に別次元の人っていう感じでした。
もっともっと奥さんのことが大好きになっていました。
(映画を見ている間、チラチラ奥さんの方ばっかり見てたのはここだけの秘密です)


この時に他にもちょっとあったりしたんですが、
詳しく書くと怒られかねないのでちょっと省きます。
(べ、別に変なことはしてないからね!?!??!?!)


それからは大体、月1ペースぐらいで会うような感じでした。
奥さんは一人暮らしだったので、(親に嘘ついて)泊まりに行ったりしてました。


ふと、告白した時のこと(振ってもいいからの話)を思い出したりもしたんですが、
そういう話を切り出されることは結局ありませんでした。
(こちらの作戦勝ち?ですかね!笑 というかよく振られなかったな俺)


そしてこの辺りから、服装とかに気を遣いだします。


この当時の自分のスペックですが

・デブ(当時約175cm 70kg超)
・勉強がいまいち出来ない(偏差値が低い高校で、クラスで上から8番目ぐらい)
・超絶ネガティブ思考(「病み」っていうレベルのネガティブ思考持ち)
・中学生感の抜けない私服(みんな一度は通るしまむら)


ここから「今のままじゃだめだ!変わろう!」と思って、高校卒業までに変わったことは

・BMI標準体重以下(177cm 66kg)
・クラストップの成績にまで登りつめる(卒業時に表彰された)
・最低を想定するぐらいだけの思考に(病むことはなくなった)
・年相応の私服

って感じで、結構変わりました。
なので、奥さんには本当に感謝してもしきれないぐらいお世話になってます。


高校卒業後は、高専に編入学しました。
そこの勉強は高校よりも難しかったです。
(専攻した分野が変わったのも原因ではありますけど)

国立大に編入学しようとしたりもしてみたんですが、
落ちてしまいました。
(結果的にはそれで良かったんですけどね)


頑張っている間や落ち込んだりした時も
奥さんはずっと励ましてくれていました。


その後は高専の専攻科に進学しました。
それと同時に奥さんは大学を無事卒業し、一足先に社会人に。


ここで、結構大きな問題発生。
今までは同じ関西圏住みだったのですが、
奥さんが地元で就職をしたので、会える頻度が低下しました。
また、会うのに今よりもお金が必要にもなりました。


そこで、自分はある決心をしました。

「よし、バイトしよう!」

これを読んでいる人からしたら、「いや、今までバイトしてなかったんかーい!」と突っ込みたいことでしょう。
ちなみに、今までは短期バイトとか貯金していたお年玉とかでなんとかやりくりしてました。


田舎に住んでいたので、そんなに時給は高くなかったです。
でも、そこそこお金がほしい、そして客があんまりいないところ・・・
って感じで見つけ出したのは友人が働いていた24時間スーパーです。
深夜なら手当もつくし、客もほぼいないだろうし、これだ!
と思って早速応募。即採用。

そこからのバイトと学生生活の両立が大変だったりしましたが、
今回はあんまり関係ないので省きます。


バイトをやり始めてからは、二人でよく旅行に行くようになりました。
その1ヶ月~3ヶ月に一回行く旅行が楽しみで毎日頑張ってました。
そのかわり勉強面がかなりおざなりになってましたけどね。


自分の好きな服着たり、ライブに行ったり、
結構自分なりに楽しく毎日過ごせてた高専生活でした。
(まぁ大学生活に憧れがなかったかと言うと嘘になってしまいますが)


まぁそんなこんなで、無事専攻科を卒業し、
大卒の資格をもらうことが出来ました。


そして去年、自分もようやく社会人になりました。
最初の1ヶ月は大阪で研修、その後数ヶ月は東京で研修、
本配属は北陸になりました。


色んな所を転々としている間も、奥さんはわざわざ
会いに来てくれていました。

ちょうどこの頃、奥さんは仕事の影響などで
かなり体調を崩していました。
(遠距離だったので、とても心配していました)


これぐらいから、ちょっとずつ結婚を意識していました。


「これ以上体調を崩してほしくない、自分がずっと側で支えたい」
と入社したての新入社員ながら、ずっと思っていました。


結婚しよう!と本気で決めたのは、去年の11月~12月ぐらい。
今後を考えた時に、会うたびに使うお金(主に旅費)、これは正直かなりお金がかかる。
もし、今後もずっと一緒にいてくれるなら結婚して一緒に住んだほうがいいんじゃないか。
みたいな話をしました。

奥さんもこれに同意してくれ、
そこから自然と結婚する流れになりました。


割と短期間の間に、
引っ越し、お互いの両親に挨拶、両家顔合わせ
をやりました。


1月に一人で物件を探し、2週間ほどで決定
それから2月に引っ越し。
奥さんと一緒に住みだしたのは4月からでした。


お互いの両親に挨拶をしたのはまだ雪が降る1月、2月ぐらいでした。
実は奥さんのご両親と初めてお会いしたのが、交際して6年ぐらいの時でした。
(それまで交際している話をしていなかったので)

正直、結婚の挨拶の時はかなり緊張しました。
結婚に反対されるんじゃないか、と内心かなり心配してました。
(貯蓄もない、新入社員との結婚を簡単に許してもらえるとは思っていなかった)

でも、奥さんのご両親はとても優しい方たちで、
「二人の思うようにしなさい」、と言ってくださいました。
本当に感謝しています。

ちなみに、うちの親も昔からいろいろなことに対して
自由にやらせてくれていたので、結婚には賛成してくれました。
自分も親になったらこういう所は見習いたいなと思いました。


両家顔合わせは、お互いの地元の中間地点ぐらいの場所で
ランチを食べました。
両家緊張であんまり喋れなかったんですけど、
でもまぁ楽しくご飯食べれたので良かったです。
あと、その日の奥さんの服装がクソ可愛かった!!!!
↑これ重要


そんなこんなで一通り大切なイベントが終わり・・・

かと思っていましたが、とても重要なイベントを忘れておりました。

皆さんお気づきでしょうか?
そうです、プロポーズです。


なんだかんだ流れで「結婚」っていう感じになってしまっていたので
はっきりとプロポーズが出来ていなかったんです。

もし子供ができた時に
「ママはパパになんてプロポーズされたの?」
とか言われたら困っちゃいます笑

まぁそれは冗談で。
ちゃんとけじめとして、言いたかったので
今までプレゼントしたことのない花束を予約して
入籍日当日に正式にプロポーズしました。

奥さんはサプライズが苦手なタイプで、
表面上は複雑な感じでした。
(化粧途中に花束を持って帰ってきてしまったというのもありますが)

でも、受け取ったあとは「後で花瓶買いに行こ?」と言ってくれました。
内心、かなりニヤけました笑


そんな感じで今に至ります。
奥さんが年上ということもあり、かなり尻に敷かれてます笑
しょっちゅう怒られっぱなしです。
でもそれも楽しかったりします。
(奥さんはイライラしてるかもしれないですが)


馴れ初めはこんな感じです。


こういう話をすると、「別れ話出たことないの?」「別れようと思ったことは?」
って聞かれるんですけど、別れ話がなかったわけではありません。
でも、いろいろ話し合ったり、ちょっと時間を置いて考えてみたりして、
結局別れることは一度もありませんでした。


奥さんの好きな所書こうかなとも思ったんですが、
相当長くなりそうなのでこの辺でやめときます笑


また機会があれば書いてみたいと思います。


長いようで短かったGWでしたとさ。
では!
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
おめでとうございます!
久しぶりに覗いたら結婚の報告とあって,

まじかよ!!!!!!!おめでとう!!!!!!!

ってなりました. (数年前なら末永く爆発しろがつくんでしょうか笑

よくよく読んでみたら7年目とのことなので, 私がまだバリバリTwitterやってた頃には既にご懇意でいらっしゃったとは……

思い出してみると,

なの氏は確かにネガティブな感じが多かった気がしますが,

今は奥様の尻に敷かれて(!)人生を楽しまれていて,

挑戦すること, 自分を変えていくことが重要だと改めて思いました.

高専専攻科というものを知りませんでした.

高専出身の人はモノを触っているので,
半端な理系大学出身の人よりも遥かに優秀だとよく聞きます.

%%%%%%%%% 自分語り 開始
対して, 自分は未だまともな出会いを積んでいないのでそろそろ焦らないと
やばそう.
大学院を卒業する(2 or 5)のが先か, 人を見つけるのが先か, これからの展開に乞うご期待!
%%%%%%%%% 自分語り終了


何はともあれ, 結婚おめでとうございます!


(全体的に取り留めがないし, 唐突な自分語りも入ってるし, なんかごめんなさい. 昔, 何かしら交流合った人と喋る(?)のは悪いことはないのに緊張するよね
2018/08/07(火) 04:09:41 | URL | 茶 #U1cLaHQk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。